当研究室で正規の学生として研究を行うには、下記の学類、専攻に所属している必要があります。

 学群生:生命環境学群(生物資源学類、生物学類)

 博士前期課程:生命環境科学研究科(生物資源科学専攻)

 博士後期課程:生命環境科学研究科(生物圏資源科学専攻)

詳細につきましては各教員、もしくは左記の連絡先までお問い合わせください。

各教員からひとこと

戒能洋一教授

現在、寄生蜂や寄生バエの行動に関係した研究を行っています。

例えば、寄主昆虫のいそうな場所にどうやって行くのか?

その中で寄主をどうやって探すのか?

寄主を見つけたらどうやって産卵するのか?
産卵した後の卵はその後どうやって発育するのか?
などのテーマを扱っています。
実験手法は、行動観察、モデル実験、風洞実験、化学分析、行動(画像)解析などです。
昆虫の飼育や観察、実験にしっかり取り組んで結果を出す学生を募集しています。

学生の進路
 学群生: 民間会社(食品会社、不動産会社など)
 大学院生: 民間会社(農薬会社、食品会社など)、博士研究員、農水省研究員

 

デマーテイラー教授

       Coming Soon...

 

古川誠一准教授

虫は、地球上のあらゆる生態系を語る上でも欠くことができない大動物群です。

このように繁栄していくためには、あらゆる環境情報を正確に察知し、瞬時に反応していく能力が不可欠です。そこにはどんな分子メカニズムが隠されているのでしょうか?
私は現在、昆虫における免疫システムや化学物質認識システムについての研究を行っています。目的意識をもち、少しずつでも着実に前に進んでいける学生さんを募集しています。
小さな昆虫が生き残るためにどんな工夫をしているのか、一緒に探ってみませんか?

 

木下奈都子助教

 植物と昆虫の相互作用に興味を持っています。

 昆虫に食害された植物では、植物ホルモンや遺伝子の転写変化などが起こり、防御応答に至ります。中でも私が興味を持っているのは香り物質を介した防御応答です。

 虫害ストレスを受けた植物から発散される香り物質が周りの植物や植物群レベルではどのように影響するのか、分子生物やイメージングのツールを用いて解析しています。

 また、植物ホルモンを介した個体内での食害シグナルの伝播機構や環境ストレス応答機構も視野に入れています。

 このようなプロジェクトに興味があり意欲的に研究に取り組む学生さんを募集しています。

卒業生の研究題目の例はこちら