筑波大学応用動物昆虫学研究室では、昆虫、クモ、ダニなどの節足動物を材料に、行動学、化学生態学、昆虫生理学、植物生理学的な手法を用いて、生物間相互作用や生物個体内の生理機構の研究を幅広く行っています。

 このページでは当研究室で行われている研究の概要について紹介します。

 左のナビゲーションから項目を選択してください。