当研究室卒業生の研究題目を紹介します

(2010年度以降のものから抜粋、括弧内は指導教員名)。

博士論文

 

Host Moth Oviposition and Induction of Tea Leaves to Arrest the Parasitoid Ascogaster reticulata 

(戒能)

 

ブランコヤドリバエの寄主加害植物揮発性成分 (HIPV) に対する反応行動 (戒能)

 

Biology and Chemistry of Pheromonal Communication System of Japanese Hawk Moths (本田*)

修士論文

 

卵ー幼虫寄生蜂 Chelonus inanitus の産卵行動における物理・化学刺激の役割 (戒能)

 

クワゴヤドリバエの寄主探索における植物揮発性物質の役割 (戒能)

 

ブランコヤドリバエの色覚反応 (戒能)

 

カリヤコマユバチにおける非寄主加害植物に対する反応 (戒能)

 

オオスカシバのフェロモン同定(本田*・戒能)

 

Characterization and Expression Analysis of Nuclear Receptor Genes during Nymphal Development in the Spider (テイラー)

 

Molecular Characterization of Cellular Innate Immune Responses in Mythimna separata (古川)

 

寄生バエの寄生が宿主の免疫に与える影響 (古川)

 

カクモンノメイガの新規性フェロモン成分の探索(本田*)

卒業研究

 

ハマキコウラコマユバチのエサに対する学習効果の雌雄差 (戒能)

 

Regulation of Nymphal Molting by Ecdysteroids in the Spider Ageless silvatica (テイラー)

 

カイコ抗菌ペプチド遺伝子の発現誘導に対する一酸化窒素の関与 (古川)

 

カイコNO合成酵素遺伝子 (BmNOS1) の発現解析 (古川)

 

カイコにおけるBmNOS遺伝子の機能解析 (古川)

 

アワヨトウの2つのC-タイプレクチンの遺伝子発現とその機能解析 (古川)

 

 

* 本田洋元教授は2015年3月に退官

 

現在在籍している学生の研究テーマはこちらをご覧ください。